<医療レーザ脱毛は美容皮膚科クリニック、美容医療を全般としたクリニック、美容外科、婦人科など様々なクリニックで受けることができます。婦人科クリニックでも美容部門を併設し、脱毛やシミ取りなども行うクリニックもあったり、一般的な病院の皮科でも脱毛ができるところは意外とたくさんあります。ただ、先生が何を専門としているか?何の治療やサービスに力を入れているか?で、かなり患者としての待遇が変わってきます。保険治療など中心とした皮膚科で脱毛するのと、脱毛を専門に力を入れているクリニックとでは、用意されているサービスもシステムも違うからです。あくまでクリニックは病院なので、エステの様な気遣いやサービスはありません。ヴィトゥレや銀座カラーのようにお茶やおしぼりが出てきたり、というのはないです。
ただ病院なので淡々と施術をしてもらうだけ。すごく事務的に感じることもあるかもしれませんが、普通に病院に風邪を引いたときに行ったのと同じような待遇だと思った方がいいです。そういったことを考えるとある程度脱毛に力を入れていて、システム化しているクリニックである場合は、エステほどではないにしろ、サービスが脱毛用に行き届いていたり、マニュアル化されているため、脱毛専門のスタッフや看護師が多く働いているため個人院よりは快適で料金も安いのです。私が始めていった美容外科、大塚美容外科ではジェルを塗って照射、その後アイスノンみたいなもので患部を冷やしましたが、神奈川クリニックではクリームを塗って終わりでした。クリニックによってはスクワランオイルを処方されるところもあるそうです。大塚美容外科では次回来る前に使う貼ると痛みを軽減する麻酔シートをもらいましたが、神奈川クリニックは炎症を抑えるクリームが処方されました。アフターケアや処方されるものもクリニックによって違うようですね。
そして一番の違いは料金、初診料がかかったり、処方される薬が別料金だったりすることも。オプション料金で痛みに弱い人のために軽い麻酔を用意してくれているクリニックもあります。また、他の施術(たとえばフォトフェイシャルとか違うジャンルの施術)を受けると割引になるなどの独自のサービスがあるクリニックもあります。クリニックの選び方のポイントは、専門スタッフがいるか?>