交渉の切り出し方

 

交渉の切り出し方、タイミングは非常に重要です。
おすすめのポイントは査定額を言われた時です。

 

ここが〜で、ここも〜なので、いくらになります。
と言うように言われることが多いですので、
そのタイミングで、
「でも他社ではOO円の見積もり額だったんですよね〜。」
というように切り出しましょう。

 

ここで査定額を上げてくるようでしたら、
まだまだ査定額を上げられる見込みがあります。

 

しかし、「弊社ではこれが限界です。」
のように言われましたらキッパリ諦めましょう。
では他社で売却いたします。
というような言い方でOKです。

 

テクニック

 

テクニックとしては複数業者に査定を依頼し、
業者同士を競わせることです。

 

前述した交渉の切り出し方でもお話したとおり、
他社では〇〇円の見積もりだった。
というのは非常に有効手段です。

 

業者同士を競わせることができますので、使うようにしましょう!

 

自分の車をできるだけ高く買い取ってほしい。
と思っている方はほとんど全員でしょう。

 

できるだけ高く買い取ってほしいけど、どうすればいいか分からない。
という方も多いと思います。
ここでは車をより高く売却するためのテクニックをご紹介します。

 

1つ目のテクニック

 

まず1つ目は、車をキレイに見せることです。
これは当たり前のことなのですが、実践できていない方が多いです。
そのような方は

 

 

 

 

10万キロを超えているけど、買い取ってもらえるだろうか

 

10年落ちだけど査定額はつくの?

 

古いし、過走行だからとりあえず査定額がつけば・・・

 

年代車、過走行車の車を売却する方は上記のような悩みを抱えていますね。

 

車は一般的に、10年落ち・10万キロ走行で査定額がつかない。
なんて言われていますから、上記のような悩みを抱えるのも無理はありません。
査定に関して弱気になってしまう方も多いでしょう。

 

しかし、「10年落ち・10万キロ走行で査定額0円」
というのは昔の話。

 

今は時代が変わりましたので、査定額がつかないなんてことはありません。

 

というのも、海外でも日本車が高く評価されてきましたので、
海外からの需要も増えたこともありますが、なによりもユーザーの意識が変わった。
というのが上げられます。

 

年代車・過走行車でも価格がつく時代

 

少し前までは、「10年落ち・10万キロ走行の車」は
一般的に寿命、または買い替え時とされてきました。
しかし、近年自動車ユーザーの考え方も変わり、

 

車は20万キロまで乗れる!

 

15年落ちでもまだまだ大丈夫だ!

 

なんて考えの方が増えてきたんですね。
なので、そのような年代車・過走行車でも売れるものですから、
ばんばん査定額がつくようになったのです。

 

もちろん車の寿命は今までのメンテナンスが重要になってきますので、
一概に何年、何万キロまで大丈夫。なんて基準はありませんが、
昔よりも車を長く乗る人が増えてきたということが一番の要因となっています。